分譲で購入をするよりも賃貸の物件の方が人気であり、需要があることで全国的に続々と賃貸物件が増えてきています。
そんな賃貸物件の中には、驚きの賃料で設備が整っているお得な物件もあるので不動産屋に相談をしてみましょう。 賃貸契約をする際に支払う礼金というのは、家賃の1〜2ヶ月分が相場となっていますが、その半分となる金額は不動産屋が受け取ることとなります。
名前は異なっていますが、大家さんが支払う紹介料というのを、入居者であるあなたが代わりに支払っている構図となります。

 

数々の家を失った戦時中に住む場所が無くなってしまった人が物件の大家さんへ感謝の意味から渡したのが礼金であり、これが始まりとされます。
これは東京を中心として全国に広がってきましたが、現在におきましてはただの慣習に過ぎないのです。

 

都内などでは礼金の習慣が根付いており、その礼金の一部をオーナーから不動産屋に対して物件を紹介してもらったお礼として支払われることがあります。
昔から慣習として礼金が定着をしていることから、大家さんが自腹を切って不動産屋に紹介料を払うという習慣は実際のところ無いのです。



今でも残る礼金の使われ方ブログ:03月25日

焼肉屋さんでは
「ついつい多く注文してしまう」
「肉をつまみながら、ビールを飲みすぎてしまう」
「ご飯が進んでしまう」
「しめにビビンバやクッパなどご飯ものを食べてしまう」
「スイーツにアイスキャンディーを食べてしまう」

…ということで、
減量中は困ってしまいますよね。

お肉以外の
野菜料理や魚介類などを上手に選んで食べれば
減量中でも怖くないんですよ!

まず、キムチ、カクテキなどの発酵食品は代謝を促進します。
またキムチに含まれる唐辛子は脂肪燃焼効果が期待できるので、
お肉の前に必ず食べましょう。

そして、
野菜焼きやナムル、野菜サラダなどで野菜不足を補いましょう。
またイカやホタテ、タコは肉類より低カロリーです。
噛み応えもあるので満腹感もアップしますよ。

また、スープも必ず注文しましょう。
海草や野菜がとれる、体を温める、腹を膨らませる…など
汁物にはメリットがいっぱい。
ビールの飲みすぎも予防できて一石二鳥です。

焼肉と言えばビールですが、
ビール類は感覚を麻痺させ、食べすぎをセーブできなくなるので危険!
ジュースなどのソフトドリンクも意外とカロリーが高いので、
ノンカロリーのウーロン茶や緑茶がおすすめです。

肉ばかり食べていると、物足りなさから、
腹いっぱいでもビビンバ、クッパ、冷麺などの
炭水化物メニューを注文してしまいがち…
ご飯ものは肉と同時進行で食べましょう。

最後のアイスキャンディーは魅力的ですが、確実にカロリーオーバー!
口直しのガムに留めましょう。

ついついたくさん食べてしまう焼肉屋さんでの食事も、
食べ方を考えて注文すれば、
減量中でも安心ですよ!