賃貸契約は基本2年間となります

賃貸契約は基本2年間となります


賃貸契約は基本2年間となります
あまりにも貴方の賃貸物件条件を細かく設定し過ぎてしまうと、見つかるものも見つからなくなってしまいます。
確かに条件設定は非常に重要なことですが、妥協出来る条件をある程度決めておくようにしてください。 賃貸物件の更新料は、多くの場合担当をした不動産が代行をして徴収をしますが、その代行料として更新料の半分が不動産屋へ支払われるのが一般的となっています。
このことから賃貸更新料というのは不動産屋の定期的な収入として存在をしていることとなります。

賃貸物件の契約は、基本的に二年となっており、この二年の契約料として初期費用がいくらかかかることがあります。
2年後に継続してその物件に住む場合におきましては、家賃の1ヶ月分程度の更新料を支払わなければいけません。

日本が定めている法律では、賃貸の契約料は明確に決められているワケではなく、物件のオーナーである大家さんや管理会社が決めることとなります。
更新料というのは不動産屋に支払うということではなく、大家さんに全額支払われるので大家さんと交渉することも出来ます。




賃貸契約は基本2年間となりますブログ:09月04日

僕は物心ついた頃から、お母さんとだけは
学校のこと、好きな人のこと、将来のこと…なんでも話してきたし、
その関係は今でも変わらない。

しかし、親父との関係は全く違う。
僕の親父は非常に寡黙で、それでいてとてもシャイ。

僕が小学生の頃ですら、
親父とはほとんどクチをきいた記憶がないし、
怒られたり褒められたりした記憶もない。

幼い頃は、
僕に対する親父の無関心な態度を当然のように感じていたが、
僕も思春期を迎える頃には
そのような親父の姿勢に疑問を感じるようになった。

そこで、お母さんに
「なぜお父さんと結婚したの?」と尋ねたことがある。

するとお母さんは、
「結婚したときはもっとおしゃべりだったんだよ!」と、
諦めの気持ちが半分見え隠れするような笑顔でそう答えた。

親父は、僕のことが好きではないのだろうか…

学生時代、僕は池袋で一人暮らし。
大学一年の夏休みに帰省した時…

久しぶりに実家のドアを開けて驚いたことがある。
あの親父が、満面の笑みで「おかえり」と声をかけてきたのだ。
これは事件だった。

僕はなんだかむず痒い気持ちになって、
少々ポカンとしていた。

親父がその場を去ったあと、
お母さんが「お父さんの書斎を見てごらんよ」と
にやにやしながら声をかけてきた。

親父の書斎をこっそりのぞくと、
僕が通う大学から送られてきたであろう大学情報誌や学部報が
机の上に積まれていた。

その光景を見て、
僕はなんだか心が締め付けられるような思いがした。

久しぶりに実家に帰ってきた
娘の姿を見て満足そうに微笑む親父の姿を見て、
僕からも父に歩み寄ってみようという気になった。
賃貸契約は基本2年間となります

賃貸契約は基本2年間となります

★メニュー

不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう
敷金について理解をしておこう
今でも残る礼金の使われ方
方角は自分の目で確かめよう
家賃の上限は決して崩さないで
賃貸契約は基本2年間となります
大手不動産屋のメリット・デメリット
情報伝達が遅いフランチャイズ不動産屋
地域密着型の不動産屋
携帯電話の電波が届かないマンション


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)噂が広がる賃貸物件探し攻略サイト