賃貸契約は基本2年間となります

賃貸契約は基本2年間となります


賃貸契約は基本2年間となります
あまりにも貴方の賃貸物件条件を細かく設定し過ぎてしまうと、見つかるものも見つからなくなってしまいます。
確かに条件設定は非常に重要なことですが、妥協出来る条件をある程度決めておくようにしてください。 賃貸物件の更新料は、多くの場合担当をした不動産が代行をして徴収をしますが、その代行料として更新料の半分が不動産屋へ支払われるのが一般的となっています。
このことから賃貸更新料というのは不動産屋の定期的な収入として存在をしていることとなります。

賃貸物件の契約は、基本的に二年となっており、この二年の契約料として初期費用がいくらかかかることがあります。
2年後に継続してその物件に住む場合におきましては、家賃の1ヶ月分程度の更新料を支払わなければいけません。

日本が定めている法律では、賃貸の契約料は明確に決められているワケではなく、物件のオーナーである大家さんや管理会社が決めることとなります。
更新料というのは不動産屋に支払うということではなく、大家さんに全額支払われるので大家さんと交渉することも出来ます。




賃貸契約は基本2年間となりますブログ:05月04日

わたしが離婚をして
一年ほど経過したころ。

ママが引越しの準備を手伝いに、
当時わたしが住んでいた上野に
遠路はるばるやって来ることになりました。

ちなみに、
わたしの年齢もそれなりの域に達しているので、
父もママももう年なんですよね。

ママはもともと体質が丈夫ではなく、
体質の調子が悪いと
すぐに体重が40Kgを切ってしまうような人なんです。

わたしが離婚したときも、やせこけて
風が吹いたら飛んでしまいかねない
状態だったことも思い出します。

60歳ともなるとやっぱり体力は衰えます。
いつまでも甘えているわけにもいかないなぁ…と
激しく自己反省することしきり。

引越しの手伝いは、
ママがやりたいとのことなので
ありがたく受けることにしましたが…

事実上は、わたしの話し相手をメインに、
簡単で力の要らない仕事をしてもらおう!
と思うのでした。

…が。
ママという存在はどうして、
あんなにもエネルギッシュなのでしょうか。

とりあえずは、
ママには長旅の疲れもあろうと、
お茶でも入れてゆっくりしてから…と思いきや、

「箱は?ペンは?ハサミは?」
と、ママは早々に引越し道具のチェック。

さらに、水周りのヨゴレをチェック、部屋中の曇りに目を光らせます。
「あんた、ここ掃除してるの?」

勧めた椅子にも座らず、
ベッド下にたまったホコリをボロ布でふき取り始めたかと思うと、
ママは、そのまま部屋の床掃除を始めました。

しかも
「あんたは早起きしたから疲れたんでしょ。いいから、休んでなさ~い」
だって!

ママよ…
あなたは偉大です。

本当は疲れていても、
女の子の前では元気に振舞おうとしているのですね。

ママとは、本当にありがたいものですね!
そんな風に思います。




賃貸契約は基本2年間となります

賃貸契約は基本2年間となります

★メニュー

不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう
敷金について理解をしておこう
今でも残る礼金の使われ方
方角は自分の目で確かめよう
家賃の上限は決して崩さないで
賃貸契約は基本2年間となります
大手不動産屋のメリット・デメリット
情報伝達が遅いフランチャイズ不動産屋
地域密着型の不動産屋
携帯電話の電波が届かないマンション


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)噂が広がる賃貸物件探し攻略サイト