不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう

不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう


不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう
人生の中で引越しというのは一大イベントの一つなのですから、賃貸への引越しも真剣に考えましょう。
すぐに引越しをすることが出来るからとりあえずここでいいや、と考えずに条件を絞って探していくことが大切なのです。 貴方が求めている賃貸物件の条件を正確に担当者へ伝えることによって、希望に近い物件を次々と書類を使って紹介してくれることでしょう。
なので恥ずかしがって条件を曖昧にしてしまうと、的確な物件探しをしてもらうことができなくなってしまうのです。

不動産屋へ足を運ぶと、まず最初に空いている席に案内されることとなり、営業担当者から物件の条件を聞かれます。
この時にあなたの条件を伝える必要がありますがが、この時に話す条件の伝え方が物件選びで最も大切なことなるのです。

「よし、私の物件条件をとりあえず不動産屋に伝えよう」と簡単に考えてはいないでしょうか?
しかし条件の伝え方によりましては、その後の物件選びが左右されることになるので注意が必要なのです。




- お勧めの情報 -

メール便の詳細
メール便
URL:http://postmail.co.jp/


不動産屋では自分の希望をそのまま伝えようブログ:05月26日

ミーは父母が本当に嫌いでした。

小さいころの記憶といえば、
家でお酒に溺れるお父さん、
そのことでお父さんをなじるママ。

そしてその怒りをお姉ちゃんやミーにぶつけ、
お姉ちゃんはその怒りをミーにぶつけていました。

家には居場所がない…
息子の時のミーは
そう考えるしかありませんでした。

以前、実家に帰った時に
小学生の時に作った壁掛けがあったはずなので、
ママに見せてほしいと頼むと、
「捨てた」と言いました。

ミーは当然のように聞きました。
「なんで捨てるねん、小学生のとき作った作品で唯一残ってるやつやん」

ママは言いました。
「あの壁掛け吐き気するくらいキライやねん。
灰色とかなんともいわれへん色ばっかりやから」

その通りです。
ミーがみても30秒が限界なのですから…
小学生の持つ明るさなどまったくなく、
絶望という言葉がふさわしいような色だけでした。

そして中学、高校と
表面的には普通の息子でしたが
内面的にはどんどんゆがんでいきました。

変わることのないお父さんとママ、お姉ちゃんとの確執。
その時のミーの望みはただひとつ、
「楽に死にたい」

何度も首をくくる練習もしました。
包丁を腹にあてたりもしました。
このまま目が覚めなかったらいいのに…と
連日のように思っていました。

そしてある時、ミーは決めました。
「こいつらは赤の他人や」と。

そしてミーは一度だけ父母に言ったことがあります。
「こんなゆがんだ性格にしたのはあんたらのせいや、謝ってほしい」と。
父母は頭を下げました。

でも、そんなミーでも
今は少しづつお父さんもママもお姉ちゃんも
許せていっています。

お姉ちゃんに息子が産まれ
実家で息子たちと遊ぶようになった時に、
お姉ちゃんから
「ありがとう」と感謝をされたことで
ミーの中で何かがかわりはじめたんです。

不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう

不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう

★メニュー

不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう
敷金について理解をしておこう
今でも残る礼金の使われ方
方角は自分の目で確かめよう
家賃の上限は決して崩さないで
賃貸契約は基本2年間となります
大手不動産屋のメリット・デメリット
情報伝達が遅いフランチャイズ不動産屋
地域密着型の不動産屋
携帯電話の電波が届かないマンション


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)噂が広がる賃貸物件探し攻略サイト