人生の中で引越しというのは一大イベントの一つなのですから、賃貸への引越しも真剣に考えましょう。
すぐに引越しをすることが出来るからとりあえずここでいいや、と考えずに条件を絞って探していくことが大切なのです。 貴方が求めている賃貸物件の条件を正確に担当者へ伝えることによって、希望に近い物件を次々と書類を使って紹介してくれることでしょう。
なので恥ずかしがって条件を曖昧にしてしまうと、的確な物件探しをしてもらうことができなくなってしまうのです。

 

不動産屋へ足を運ぶと、まず最初に空いている席に案内されることとなり、営業担当者から物件の条件を聞かれます。
この時にあなたの条件を伝える必要がありますがが、この時に話す条件の伝え方が物件選びで最も大切なことなるのです。

 

「よし、私の物件条件をとりあえず不動産屋に伝えよう」と簡単に考えてはいないでしょうか?
しかし条件の伝え方によりましては、その後の物件選びが左右されることになるので注意が必要なのです。



- お勧めの情報 -

メール便の詳細
メール便
URL:http://postmail.co.jp/


不動産屋では自分の希望をそのまま伝えようブログ:06月30日

私は10年以上一緒に暮らしてきた
タバコを手放す決意をしました。

タバコ、やめられそうだな…
そう感じたきっかけは
私にとって「タバコを吸う」という行為自体が
自分自身の「親父を感じる」ことなんだな…
と気がついてからでした。

親父はヘビースモーカーです。
幼少の頃、親父の枕に顔を近づけると、
整髪料の匂いに押し込められたようにヤニの匂いがまじっている、
それを感じたときのほっとする気持ち。

私の中でそれが「大好きな親父」だと
認識していることに気がついてからでした。

私が本当に好きだったのは、
この親父の匂いではなくて、
親父の屈託のない笑顔だったり、優しいエネルギーだったりしたのですが…

たっぷり過ぎる反抗期に
親父なんか必要ないと、親父から心理的に距離をとり、
親父の中に見える嫌いな部分や、痛みや苦しみばかり見てしまった結果、
自分の心の中にいた
「好きなほうの親父」を抑圧してしまっていたようです。

それでも、
幼少の頃は親父が大好きで
親父のひざの上やうでの中で
ほっとしたんだということは
抗えない事実として
私の古い古い記憶の底にあるのでしょうね。

「大好き」を抑圧し感じないように無意識的に振舞う分だけ、
それを補完するように「ほっとさせてくれるタバコ」が
私にとって不可避なものになっていったようです。

大人になり、親父のことを理解し許し始め、
親父に対して信頼を取り戻すことができ始めたときに
ふっと「タバコをやめられる自信」がついたようです。

本当に欲しかったのは、煙草の煙でなくて、
親父を大好きで信頼できるという気持ちだったのです。